Now Loading...
NEWS

クリエイターあるある。アーティストとビジネスの違いで苦しむ。

2019.11.20

●ワクワクを遥かに超越した感情「悦」で生きるとは!?

 

好きと経済を両立させる新時代のスラッシャーになるための啓発書!

 

自己啓発って言いたくないけど、
でも誰かを啓発する言葉』(かざひの文庫)

 

発売日増刷!全国書店で好評発売中!

 

 

●Amazonはこちらから

 

 

こんばんは!!

了戒翔太です。

 

 

クリエイターあるある。アーティストとビジネスの違いで苦しむ。

 

 

『アーティスト』は「独自の世界観」を顧客目線なしで我がままに「作品」として表現する人。

 

 

『ビジネス』は「新しい価値観」を顧客ニーズに合わせて「商品」として表現する人。

 

 

人は皆、『アーティスト』『ビジネス』の両面を持ち合わせている、

 

が故に混同させてしまい苦しむことがある。

 

 

『ビジネス』で一定レベル功を成すと、

『アーティスト』として表現をしたがる傾向がある。

 

 

これは大概うまくいかない。

 

何故ならば今まで『ビジネス』で結果を出してきているから

 

周りの人たちや顧客からは「商品」を求められているから。

 

自分の「我がまま」と他人の「ニーズ」は必ずしもイコールではなく、

 

ビジネスの原理原則は「求められていること」の答えを出すことたがら。

 

 

 

逆に

 

 

『アーティスト』で一定レベル功を成すと、

『ビジネス』としての機能を強くする傾向がある。

 

 

『アーティスト』の感性を我がままに表現していた作品に評価を得ていたのに、

 

中途半端に顧客目線に合わせたり市場のニーズに合わせ過ぎたりすると、

 

周りからは「セルアウト」や「売れ線に移行した」と揶揄される。

 

 

『アーティスト性』と『ビジネス性』を同じ延長線にあるのではなく、

 

「作品は作品として、商品は商品として」分けて考えた方がうまくいくと思うし、

 

それぞれを振り切って表現できる。

 

 

もちろん「作品が爆発的なヒット商品」になっている

全体トップ1%くらいの超一流な人がいる。

 

それは稀な話で最大公約数にならないからこの話題からは除外。

 

僕らのような凡人には凡人なりのやり方があると思っていて、

それが「作品は作品として、商品は商品として」分けて考えた方が

 

うまくいくのではないかという提案。

 

 

常々、口にしていて

 

いつも僕の投稿を読んでくれている変態な方々からは

 

「またこの話か!しつこいな!」と感じさせてしまうかもだけど(笑)

 

 

 

魂の喜びで回収する「ライフワーク」=アーティスト

 

 

 

お金で回収する「ライスワーク」=ビジネス

 

ということ。

 

 

いつも、このスタンス。

 

 

このスタイル崩さず、ずっとやってる。

 

 

で、2020、来年からは

 

「ライフワーク」と「ライスワーク」のコンジャクションが起きて

 

 

『ライトワーク』にしていける人が増えていくと思うし、

 

そんなストーリーを綴っていきたい。

 

 

【お知らせ①】

 

●累計35万部のベストセラー作家で

社会心理学者のリュウ博士こと

八木龍平さんとの約4年振りの対談動画を

 

 

『無料公開』します!

 

リュウ博士はあの27万部突破している

 

「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」(サンマーク出版)の著者であり

 

現役の大学教員でもあります。

 

 

今、なぜ直感なのか?

これからのAI時代を生き抜く秘訣を語ってくださってます。

 

まずは無料のインタビュー対談をご覧くださいね。

 

 

 

 

【お知らせ②】

 

2020年は本格的な財運の流れが来る年。

 

東京オリンピックを機に日本に訪れるビックウェーブは

私たち一人ひとりにも影響してきます。

 

 

『財運の上昇気流』に乗って飛躍できる

このチャンスを無駄にしたくはないですよね。

 

龍使い(R)の第一人者である大杉日香理が明かす

 

 お金の龍神と両想いになれる

 財運開花3ヶ月集中オンライン講座

 

 

期間限定募集!そして今回が最後の募集となりますので

このチャンスを逃さないください。

 

⇒ https://www.evergreenpub.jp/dragonzaiun2/

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

了戒翔太