Now Loading...
NEWS

新しい言葉の価値を提案し続けるアーティスト

2021.10.16

歌の歌詞は基本的に言葉足らずなものが多いのは
敢えて直接的な表現をしないで
読み手に想像してもらうことが前提にあるからです。

 

 

端的な言葉でイメージできるように
比喩したり情景描写します。

 

 

RADWIMPSの歌詞はどの曲も素敵で
やはりその表現力に心を奪われる。

 

 

 

『愛にできることはまだあるかい』

 

 

特にこの歌のエモさは

「今でも君を愛しているよ」という

ありきたりな言葉を、

 

『愛にできることはまだあるかい』

伝えている部分だと思います。

 

 

**************

愛はあるけど、
その愛の使える場所はまだあるかい?

僕が君にできることはまだあるかい?

僕はまだ君のこと好きだけど、

君は僕のことまだ必要としているかい?

**************

 

そんな気持ちを表しています。

 

 

新しい企画タイトルやネーミングをつける際にも
これがめちゃくちゃ大事なことだと感じてますが

 

意味を変えずに言葉を他の言い回しに置き換える
リフレーミング(言い換え)ですよ‼️

 

 

目新しい言葉を創り出すことが
=今までにない新しい価値の提案。

 

 

コンテンツも企画も常に新しさが大事。

 

 

このタイトルとサビの歌詞は単純な

 

「今でも君を愛しているよ」の
新しい言葉の置き換え(リフレーミング)

 

新しい価値の提案です。
ラッドなんだよ、ただの天才かよ。

 

 

アーティスト的視座から
ビジネスを学ぼう。

 


 

 

【お知らせ】

 

ワクワクを遥かに超越した感情「悦」で生きるとは!?

 

好きと経済を両立させる新時代のスラッシャーになるための啓発書!

 

自己啓発って言いたくないけど、でも誰かを啓発する言葉』
(かざひの文庫)

 

発売日増刷!全国書店で好評発売中!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●Amazonはこちらから