Now Loading...
「本当の自分の原風景を歩く」

「本当の自分の原風景を歩く」

2019.1.23

 

 

「凡才」という実態がある筈のない言葉が存在するから

「天才」という言葉が特別なもののように感じてしまうのかもしれない。

 

「天才」はごく一部の限られた才能を持った方を指し示すものではなく、

全ての人がそもそも「先天的な才能」を持って生まれていて、

それを「天賦の才」略して「天才」という。

 

「天賦の才」は英語では「GIFT」といいます。

 

生まれつきのもの、過去にあった実体験をも天から与えれたGIFTなのだ。

 

だから誰一人として「凡才」はいなく、

人それぞれ生い立ちや経験、顔や環境、特技がバラバラであり、

その違いを指し示す言葉が「天才」なので、

それぞれが唯一無二の「天才」であることを誇ることを大切にしたい。

 

 

その「天才」を使って人助けしたり、感動を与えたり、

仕事にしたりすることで、つまり社会に自分の才能を還元して

対価としてお金を得たり、豊かさを感じたり、生きる喜びを得ているわけで、

 

つまりは生きる喜びを感じるための

「原資」は「天才」が大きなエネルギーなのだから、

 

自らの天才を発揮して、本当の自分の原風景を歩こう。

 

 

#才能を活かして生きることが本当の自分の道を営むこと

#我は天才なりと認めること

#才を社会に還元すること