Now Loading...
[お金の話し]

[お金の話し]

2019.5.30

 

起業家や社長など自分で給料を

決めれる人に限った話かもしれませんが

 

「自己評価」=年商や年収になります。

 

 

「これは貰いすぎ、これは少な過ぎ」と

評価しているのは、他でもない自分の物差しです。

 

 

自分自身がこの問題で過去悩み、

色々な方から相談を受けて寄り添りながら考えてきましたが、

 

 

なかなか自社のサービスや商品の価格を上げれない理由は、

 

結局、「自己信頼」に尽きます。

 

(質やクオリティは担保されている前提の話です)

 

 

つまり自分に対する評価を上げると、

それに比例して売上も上がります。

 

 

あと、営業ができない方やお金の話をする人が苦手な方がいますが、

 

その理由の多くに、

 

 

「お金の話しを切り出すのが気まずい」

「お金の話しばかりをするのは恥ずかしい&浅ましい」

 

 

などの理由が挙げられると思いますし、

実際にそういう方が多いです。

 

 

「気まずい、恥ずかしい、浅ましい」

 

↑自分がもし、誰かからそう思われていたら、

その人に近づきたいと思いますか?笑

 

 

僕がお金の立場なら嫌です。お金もエネルギーですから、

 

「自分を好き」でいてくれる人のところへ集まりたくなるものです。

 

 

そして、ビジネスをする上で最もお金の話は大事なことです。

 

そこが崩れると関係性が根底から崩れます。

 

 

相手との関係性を良好に保つ意味でもお金の話しは、

 

気まずいとか無しにして、最初からきっちりしとかないとなりません。

 

 

つまりお金は「相手を大切にしたり、守るため」のツールだと思います。

 

 

そんなお金が僕は大好きです。