Now Loading...
新しい価値の提案です、音は薬。

新しい価値の提案です、音は薬。

2021.9.30

 

音楽の価値は、ただの娯楽ではなく時に

人を勇気付けたり傷ついた心を癒す「薬」のような

役割が本来的にはあると思います。

 

 

「音楽」の「楽」に草冠を付けて「薬」

つまり「音楽」は『音薬』だという人もいるくらいです。

 

 

では、音楽は⇒音薬ならば、

音薬は「あなたのありのままで」や

「ナンバーワンではなくオンリーワン」のような、

どんな症状にも総合的に効く

風邪薬のようなものが多く見受けられるが

それでいいのであろうか?

 

 

実際は擦り傷には擦り傷に効く音薬

のどの痛みならのどの痛みに効く音薬、

ものもらいならものもらいに

効く音薬があるはずなのです。

 

 

実際の医薬品と違って、音薬は症状に合わせて

医師が処方するものではないですから

とにかく効きそうな音薬を聴き手が求めるので

作り手はどうしても多くの人にわかりやすく

効果効能を謳える総合的に効く

音薬を創り込みがちです。

 

 

そして聴き手は

「知名度のあるあの音薬が一番、薬効がありそう!」

「あれを使っておけば間違いない!」

「有名な○○さんが良いって言っていたし!」

「あの音薬がベストセラーだから!」

というわかりやすいものに飛びつくという流れが生まれる。。

 

 

これは音楽やアート作品のみならず、

ビジネスの世界、出版業界にも共通する部分がありますね。

 

 

RADWIMPSの「鋼の羽根」という歌の歌詞にあるけど

「容易い言葉はいつだって、賞味期限は持って3日」

容易く市場を狙った音薬も、ずっと狙っていかないとならないし

他人軸、マーケットばかり見ていると

自分という本質を見失ってしまいがち。
だから長続きしない。

 

 

自分の譲れないものは何か?
どんなことを大切にしていきたいか?(美学を持つ)

自分の持っている薬効果を高めて(コンテンツ)

自分が持っている力(音薬)が
どういった症状に最も効くか?
を把握して(ポジショニング)

その薬効を正しく示して伝えて(ブランディング)

いくことで処方された人は副作用なく

本当に必要な人に届き、

ポジティブに価値を受け取ってくれるものだと思う。

 

 

外側を意識ばかりせずに、自分が好きなこと、

妥協のない100%いいもの!と思えるものだけ創っていきたい。

 

 

そういった意味ではこちらのプロダクトは

一切の妥協泣く本当にいいものをプロデュースさせてもらったと自負してます!

 

 

 FUMITO&LICAプレゼンツ 

 『姫リト』
 ~自分のなかの「姫」と向き合うセルフリトリート~

 

 

10月1日の23時59分で募集締め切り終了です!

 

 

クリスタルボウルのヒーリング音源など
癒し効果の高い音源も入っております!

 

熟睡できて、とってもオススメですよ。

 

 

FUMITOさんとLICAさんが
長年温めてきたセルフリトリート専用
ワークキット付きプログラム!

 

 

『セルフリトリート』は
時代に合ったニューノーマルな旅行方法 

 

大人数で出かけにくいからこそ、
ひっそりと内側にこもり感性を研ぎ澄ませることが大切!

 

 

○詳細はこちらから!

⇒ https://www.evergreenpub.jp/himeret-main/