Now Loading...
無駄なことはない

無駄なことはない

2019.10.23

 

ビジネスをしているとあるあるかもな話し。

 

同業者や同じコミュニティ出身の知り合いが

 

急にギラギラしだして、まるで人が変わったかのように

 

儲け主義に走り出すって、あるよね。

 

 

 

それを否定する人もいるけど

 

僕はそれはそれでその人にとって必要なことだと思うから

 

否定も肯定もしないんですよね。

 

 

二宮尊徳の言葉に

 

「理念なき経済は罪であり、経済なき理念は寝言である」というものがある。

 

 

儲けることは決して悪くないけど、

 

「何のために?」「どうしてそれを?」等の

 

理念の下支えにないまま儲けに走り出すことは

 

危険だということを言っているようです。

 

 

僕はすぐ調子に乗るタイプだと自覚しているから(笑)

 

例えば稼いでいる時こそ、

 

新しいサービスをリリースしたり新しいアクション起こす際に

 

必ず

 

「なぜ、これをするのか?」

 

「なぜ、これが今大事なのか?」の

 

 

理念を明文化しておくようにしている。

 

 

じゃないと、おかしな方向にいくような気がしていて。

 

 

実際に昔の仲間や知り合いの起業家でおかしな方向に

舵を切ってしまった人達もたくさん見てきたから。

 

 

自分自身の経験としても、

やはり独りよがりな欲で儲けに走り出してみて

バランスを崩しかけたことがあるから、

今はそれを良くないと思える。

 

 

循環させる。

 

ぐるぐるめぐらす感覚じゃないと

 

結果的に儲からないこともよく知ったから。

 

 

何事にも通ずるけど経験してみないとわからないこともあるし、

それをしたい人はその人に必要な学びなんだろうなあと。

 

 

失敗をするチャンスを奪うことは成長するキッカケを奪うようなもの。

 

だから、今もしあなたの周りに間違った方向に

行ってしまったように感じる人がいても大丈夫。

 

間違いなんてないから。

 

 

その人が成長する機会なんだから暖かく見守ってあげて(^^)