Now Loading...
新曲歌詞を解説part2

新曲歌詞を解説part2

2019.11.1

 

 

 

了戒翔太です。

 

 

2018年11月3日の地球フェスで初公開した

 

 

新曲「パラダイムシフト」から1年振りのデジタルニューシングルを

 

12月上旬にリリースします!

 

 

発売前に歌詞を公開して意味解説までしていこうと思います。

 

 

それは何故か?

 

 

例えばレストランでも、

 

見栄えの良い完成されたものを味わうより、

 

 

 

●●産で生産者がどのような想いで

 

どうやって育てられた野菜をどう料理したか?

 

 

 

といった「背景」や「ストーリー」を知った方が美味しく感じたりしませんか?

 

 

情報過多な時代、商品を購入する判断材料として

 

物語に共感してもらった方がよいかなと思っての試みです(^^♪

 

さあ、それでは早速いきたいと思う。

 

心で見て聞いた それだけが安定剤

街のノイズ そんなの関係ない

 

半歩先の未来を 見出だせ期待値で 

覚悟ができない、時代のせい、言い訳使い切れ

 

 

↑新曲歌詞の一部解説、第4弾!

 

目で見て耳で聞いたものは、

 

わかりやすいから信じてしまいがち。

 

でも本当の自分の願いから

 

遠ざかることもしばしば。

 

 

誰かの意見や常識的なもの、

そんな街の雑踏から抜け出して自分の内側、

心で感じたものの方がピュアだし、

心に従う方が最終的に間違いがないことが多かった。

 

 

だから心で生きることは人生の安定剤みたいなもの。

 

自分の期待値を込めた半歩先の未来を

具体的にイメージをして生活していると、

 

すぐにその期待値の自分を追い越せる。

 

気付いたら成長していて、

また半歩先の未来を想像すると

気付いたころにはまた成長している。

 

 

人はそうやって少しずつ成長して生成発展するのかな。

 

覚悟ができない、時代のせい、

使える言い訳は全て使い切ればいい。

 

赤ん坊も泣き切ったら泣き止む。

 

執着も、し切ったら手放せる。

 

中途半端だからウダウダしている。

 

なんでも最後までやり切りましょう。

 

 

だから、やらない言い訳も使い切ればいい。

 

使い切ったあとは

「世界に自分を差し出すこと」のみです。

 

さあ、やりましょう。

 

 

好きで固めたプレイリスト 聞く深呼吸

 

自分という名の狼煙をあげて さぁ高まる振動数

 

 

 

↑新曲歌詞の一部解説、第5弾!

深呼吸はリラックスするし気持ちが穏やかになる。

 

結局、無条件に「好き」なことを並べたり

「好き」ばかりを集めることが深呼吸バリの効果があるよね。

 

自分という軸(狼煙)を旗揚げした瞬間、自分の人生がリスタートする。

 

振動数は周波数とも言い換えられる。

 

さあ、高まってくるよあなたの振動数も!

 

 

癒えない消えない痛みをバネに

挑戦し続ける理不尽

短編小説 ドラマティックに演出しよう自由人  

 

今この瞬間、これ以上ないリアル

 

 

 

↑新曲歌詞の一部解説、第6弾となりました。

 

未だに癒えないし消えない過去の痛みや苦しみは

誰にでも1つや2つはあるかもしれません。

 

 

でもそんなネガティブな感情を抱えながらも

時としてそれをバネに、まだ私たちは飽き足りずに挑戦し続けている。

 

また痛い思いをするかもしれないのにだ。

 

それは理不尽にも感じるけど、

 

それでも生成発展する人類はそれをし続ける。

 

 

人生は自由だ!まるで自分で描きたいように描く短編小説。

 

どうせ描くならドラマティックに演出していこうぜ。

 

「今」というこの瞬間に刻んだ

刹那より世の中に「リアル」は存在しない!

 

つまり「今」この瞬間という

 

刹那が最もリアルで「今ここ」が全て!

 

 

という歌詞です。

 

 

「挑戦」と「小説」の頭韻で

「理不尽」と「自由人」の脚韻で

 

踏んでいる部分がポイントです。

 

実際に聞くと耳心地よいフレーズになりました!