Now Loading...
1年振りのニューシングル!12月上旬発売の新曲歌詞を解説!

1年振りのニューシングル!12月上旬発売の新曲歌詞を解説!

2019.10.24

1年振りのニューシングル!12月上旬発売の新曲歌詞を解説!

 

 

了戒翔太です。

 

 

2018年11月3日の地球フェスで初公開した

新曲「パラダイムシフト」から1年振りのデジタルニューシングルを

12月上旬にリリースします!

 

 

いや~今回は過去の曲とかなり風合いが違っていて

しかも今風!めちゃオシャレな楽曲に仕上がりました。

 

 

しかも『歌詞がほぼすべて韻を踏んでいる』という

 

元々の原型の歌詞をそのまま歌にできました。

 

 

これは初かもです。

 

だいたい原型の歌詞素材は

 

字余りや音にハメやすくするために

 

リライトされたり前後背景組み替えられたり

チリチリばらばらになって最終的に歌詞となりますが

 

元々の文章の流れの構成のまま歌詞に昇華されました。

 

 

自信作です!

 

で。せっかくの自信作の歌詞なので

 

 

発売前に歌詞を公開して意味解説までしていこうと思います。

 

それは何故か?

 

例えばレストランでも、

 

見栄えの良い完成されたものを味わうより、

 

 

●●産で生産者がどのような想いで

どうやって育てられた野菜をどう料理したか?

 

 

といった「背景」や「ストーリー」を知った方が美味しく感じたりしませんか?

 

情報過多な時代、商品を購入する判断材料として

 

物語に共感してもらった方がよいかなと思っての試みです(^^♪

 

 

さあ、それでは早速いきたいと思う。

 

 

 

化粧前 昼の繁華街
ネットの先では 嘘にアンダーライン

 

 

これ、新曲の冒頭歌詞。

SNSのおかげで個人的な意見や本音を

吐き出すことができる世の中がゆえに、

 

 

尖ったことや偏った意見を投稿すると、

誰かの怒りや妬みやネガな部分を刺激して、

 

絡まれたり炎上したり叩かれることもある。

 

 

だから本音を言わず、あるいは着飾って

綺麗な部分だけ見せようとする人が

多いから結局SNSってつまらないよね。

 

なんてことを昨深夜にラーメン啜りながら

こないだプロデューサーと話していました。

(深夜のラーメンなんて久しぶり笑)

 

 

昼の繁華街は化粧をする前の状態で夜が本当の姿。

 

 

インターネットでは「嘘」ばかりに、

まるでアンダーラインが引かれ強調されているかのようだ。

 

 

そんな時代を皮肉る冒頭歌詞ですが、

全体的にポジティブな曲です。

 

 

 

経験積むほど生きるの下手になる

大人になればなるほど

わかっちゃいるけど手間になる

 

 

蒼いだけの私に色をつけてくれた過去の痛み

着飾るのはもうやめて 未来への思いやり

 

 

 

続いて新曲の歌詞一部です。

 

 

経験を積むほど、同時に失敗もするから臆病になったり

 

常識とか世間体を気にしだして躊躇してしまうことってあるよね。

 

大人になればなるほど経験が増していくから、

 

深みが増していくけど同時に生きるのが下手になる。

 

チャレンジすること、挑むことも手間になる。

 

 

人間としてまだ蒼かった自分に経験という名の色を

足してくれたのは過去に味わった傷や痛みだと思う。

 

 

それを乗り越えて今がある。

 

本音で生きて心で呼吸して着飾るのはやめて、

 

未来だけを信じよう。

 

 

そんな意味を込めた歌詞です。

 

 

君はただ掴めばいい ほら受け取っていい

 

その価値があることを思い出すだけ

 

抑えつけるもの 全ての反動をバネに

 

君の本気は嘘じゃない 開いてごらん怖くない

 

 

↑更に歌詞一部を解説

 

日本人は遠慮や謙遜することを美徳として捉える傾向があります。

 

 

出過ぎず奥ゆかしくとても素晴らしい精神性だと思うけど、

 

行き過ぎると自信まで削がれてしまい本来持っているはずの

 

尊厳を忘れてしまっているんじゃないかなとも思うのです。

 

 

遠慮が躊躇を生み出して、チャンスを逃したり、

 

はたまた自信の無さから発言や行動、

 

アウトプットすることへ臆病になりがちです。

 

 

既にあなたは完璧な存在です。

 

 

だからただ掴めばいいし、ただ受け取ればいい。

 

もともとその価値がある存在だってことを思い出す作業が、

 

詰まるところ「本当の自分」を取り戻すことだと伝えている歌詞です。

 

 

世間の常識、街のノイズ、他人の目など様々な外圧があるかもしれない。

 

 

でもそれをネガと捉えずに反動にして高く飛ぼう。

 

 

あなたがあなたの人生に本気なる時、

 

あなたの宇宙の花が開く。怖くないから大丈夫。