Now Loading...
「中途半端な想いで、応援はされない」

「中途半端な想いで、応援はされない」

2019.5.27

「中途半端な想いで、応援はされない」

 

僕自身、クラウドファンディング過去2回の

実績(初回356万円、2回目596万円)を元に、

他の方にも僕がやってきたことや

大切にしてきたことをまとめたテンプレを使ってもらいましたが、

再現性が高い。(皆さまありがとうございます)

 

 

フォロワーもほぼ皆無で、

ネットでの影響力もない無名の主婦の方でも

100万円の目標額を1カ月で達成してます。

 

 

成功の秘訣はいくつかポイントがあるにせよ、

 

「結局、最後は人にお願いできる人が強い」

 

 

という結論に至りましたよ!

 

 

でも、その「お願いする行為」が

難しい人もいるよねと昨日、秘書と話していました。

 

その自分が立ち上げたプロジェクトに対して

応援をお願いしたり、宣伝できない理由としては、

 

「失敗したら周りからどう思われるか考えただけでも恥ずかしい」

「誰かにお願いするくらいなら自分一人で出来ること頑張る」

 

など、無駄なプライドが邪魔している場合があると思います。

 

 

自分がやってる活動や手掛けたサービス、プロジェクトに対して、

確たる「自信」があれば人にお願いしたり、

宣伝したくて仕方がなくなるものじゃないのかなと思うのですが、

 

 

 

「本当に伝えたい、本当に助けたい、本当に届けたい」

 

 

というような強い想いさえあれば、

そんな無駄なプライドが優先されるはずがないんじゃないかな。

 

自分のちっぽけなプライドを優先したくなるくらい、

自分のやっていることに自信が持てないなら、

それは売れないし、目標も達成できないよね。

 

 

中途半端な想いで、応援はされないし人を巻きこんじゃいけない。

 

本気の想いだから、人にもお願いできる。

 

だから「結局、最後は人にお願いできる人が強い」なと思う。

 

 

※クラウドファンディングに限った話しじゃありませんが。