Now Loading...
NEWS

【とても大事な話】誰にでも通用する「何屋さん」はこれからは要らない時代

2020.12.7

 

今日は、これからの時代のワークスタイルについても、
自分の肩書をどう言語化していくか?

について等やや長文ですが
ご興味ある方だけ詠み進めてみてください☆

 

さて、

【アーティスト活動】と【ビジネスマン】としての側面について、
先日の「言海祥太」の件を投稿したことで、

 

ようやく自分のなかで新しい時代を迎える準備が整ってきました。

 

 

拙著でも言及した

「スラッシャー」や「パラレルキャリア」、「パラレルワーカー」等の

言葉で自分を定義付け、

その言葉でブランディングさせて
自分を「納得」させてましたが、

 

しかし、よくよく考えると
「納得をさせる」ということは

「納得いかないから言い聞かせている」ことでもあると思ったんですね^^

 

 

理屈抜きで自分の中にあるいくつかの要素を統合させていく。

 

 

それがここ数カ月のテーマであり、自分の中にある心のモヤモヤでした。

 

 

その課題を完結させる時がきているようです。よかった。

 

 

 

●自分のなかに2つのアイデンティティを保有して
TPOに応じて「周波数」を切り替えてIDを使い分ける仕事のスタイル。

 

それが自分にとって一番シックリ来たわけです。

 

 

僕は6年前に出版業界で独立起業させてもらったので、
そういう人の印象をパブリックイメージとして
持っていただいているかもしれませんが、

 

そこがメインではなくなっています。

 

 

(今後も出版プロデュースはご縁ある方は
もちろんお引き受け致します)

 

 

最近では、飲食店や行政関係、一般の民間企業など、
ちょっとお付き合いする方、お仕事の性質も変わってきて
出版プロデュースやPRなどのマーケッターだったのに
異業種、他業界に仕事をシフトしていけるのは何故かなと考えました。

 

 

●業界を問わず「越境」していける
「ポータブルスキル」を見出したから、

かなと分析してます。

 

 

「出版」という【大分類】のキーワードを

【中分類・小分類】に細分化していくと

出版の中にはたくさんのスキルがあって例えば

「言葉」「編集」「コンテンツつくり」
「コンテンツマーケティング」「アイデア」「汲み取る力」「要約力」・・・

など、まだまだたくさんあるわけです。

 

 

で、わかりやすくい言うと僕はその中の

「言葉」+「アイデア」+「要約力」をメインに、

掛け算して自分の領域(USP)を創っていったことによって、

 

 

●「言葉」+「アイデア」+「要約力」
 =キャッチコピーや肩書やネーミングを創る人、

すなわち『コピーライター』としての側面を見出したわけですね。

 

 

なので、僕の肩書には「コピーライター」という文字があります。

 

 

↑これがポータブルスキルです。

 

 

コピーは、いわずもがな出版業界のみならず、

あらゆる業界で必要とされるマーケティングスキルです。

それがあれば色んな業界・業種を越境して

自分のスキルで仕事ができていけるのかなと考察しました。

 

 

なので、

①自分の持ち合わせたスキルを細分化させていくことが大事

であり

 

②そのスキルを他の業界・業種で転用できないか?

という視点で世の中を洞察する必要がありますね。

 

 

ここ大事なのでもう一度。

①自分の持ち合わせたスキルを細分化させていくことが大事

であり

②そのスキルを他の業界・業種で転用できないか?

 

そうやって少しずつ、自分が今までいた
業界で培ってきた経験を他の仕事で転用していく中で

 

自分の今までいた居場所では
見れなかった景色を見ることができますし

いろいろな業界を知ることで世の中を洞察することができます。

 

 

異業種・他の業界の抱えている
現状やニーズを知ることもあるでしょう。

 

 

そうすることで更に自分のスキルの使いところが見えてきます。

 

 

こうして自然と肩書・役割って
増えていくのかなと最近感じております。

 

 

だから最近は一言で「何屋さん?」と
いい難い人が増えているのかもしれません。

 

 

●誰にでも通用する「何屋さん」はこれからは要らない時代

 

例えば僕の場合、仕事で農家のおじいさんに逢う際は

『どんな仕事しているの?』と聞かれて

「出版プロデューサー」といってもなかなか理解されないわけで。

 

 

理解しやすい言葉で相手に伝えることが親切心だし、

コミュニケーションだと思うのでそういう場合は

「広告屋ですよ」とか

「コピーライターとして宣伝の言葉を書いてます」などと

相手の既知レベルに合わせてお話をするようにしていています。

 

 

誰に伝えても、全員が同じ認識をもってもらう仕事ばかりじゃ今はないから。

 

 

相手(ターゲット)に合わせたレイヤーの言葉である必要があるので

誰にでも通用する「何屋さん」はこれからは要らない時代です。

 

 

つまりスキルを細分化しておいて(或いは統合化もあるんだけどね)

肩書はいくつあってもいいけど、

それを使う「相手」と「タイミング」をしっかり自分で把握しておいて

心の引き出しの中にしまっておくことが大切だなと最近思います。

 

 

なのである意味、それは

●肩書を超えていくことでもあると思うのです。

 

 

じゃあ肩書が不要か?というと

前述した通り

どんな相手、どんな企業、どんな業界にも
対応できる自分になるために

たくさんの側面を持っていたら持っているだけ、
重なり合う面が増えるので「強い」かなと思うのです。

 

 

 

 

レコード盤のA面、B面、C面という具合にね。

 

 

その方がコラボしたりコミュニケーション取れる人は増えるから、

結局、ポータブルスキルになりうる自分の棚卸をして

肩書を増やすことはは重要何じゃないかなと思うのです。
(あくまでもそういうワークスタイルをしていきたい人向けの話だけど)

 

 

つまり

『誰にでも通用して認識してもらえる肩書』

にこだわることはない!ということ。

 

 

『スキルを細分化(或いは統合化)させて
 持ち物として肩書を増やしていくことは重要』

だなと最近とっても感じるわけです。

 

ここ1年ほど、定期的にキャッチコピーや
肩書・ネーミングを作成するプロデュース、
個別コンサルティングを開催してきました。

 

 

来年は法人向けのコンサルティングをメインにしていきながら

B面で「感覚調律師 言海祥太」としての活動で

カウンセリング・コーチング的な仕事は増えていきます

 

今行っているスタイルでの
「個人向け」のビジネスコンサルティングは

 

2021年以降、減らしていく予定で
大幅に値上げも予定しております、

 

現状価格でのご提供は今回を最後に、

限定8名様だけ募集いたしますのでサイトをチラ見してみてくださいね。

 

 

⇒ https://www.event-form.jp/event/12307/xiUJAI

 

 

※ZOOMでも対面で限定8名様で受け付けております!

 

 

それでは時が満ちたら逢いましょう!

 

 

 

 

【お知らせ①】

 


SHOTA RYOKAI ワンマン TALK&LIVE
「風向き」を変えるグレートコンジャクションな夜in南青山マンダラ

 

https://www.event-form.jp/event/11479/20201222live

 

 

 

 

 

 

【お知らせ②】

 

新時代初の新曲ミュージックビデオ全編公開!

「WALK THIS WAY」
自己啓発って言いたくはないけどでも誰かを啓発する歌。

動画や音源が「いいね!」と思ったら
YOUTUBEの「高評価ボタン」やSNSでシェアををよろしくお願いします。

 

●「WALK THIS WAY」MV(ミュージックビデオ全編公開)

 

 

 

【お知らせ③】

 

 

ワクワクを遥かに超越した感情「悦」で生きるとは!?

 

好きと経済を両立させる新時代のスラッシャーになるための啓発書!

 

自己啓発って言いたくないけど、でも誰かを啓発する言葉』
(かざひの文庫)

 

発売日増刷!全国書店で好評発売中!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●Amazonはこちらから

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

了戒翔太