Now Loading...
NEWS

あど4時間で終了!誰にでも通用する「何屋さん」はこれからは要らない時代

2021.6.27

 

こんばんは!了戒です!

 

 

あと4時間後に終了ですがもう登録されましたか??

 

 

●心にある想いを言葉でつなぐ
『風の肩書・キャッチコピー作成』
3日間の無料ライブセミナー

 

リアルタイムで見れなくても
アーカイブを数日間残します!

 

詳しくはこちらから
⇒ https://note.com/ryokaishota/n/n2dcad9e1db5b

 

 

 

誰にでも通用する「何屋さん」はこれからは要らない時代

 

 

例えば僕の場合、仕事で農家のおじいさんに逢う際は

『どんな仕事しているの?』と聞かれて

「出版プロデューサー」といっても

なかなか理解されないわけです。

 

 

理解しやすい言葉で相手に伝えることが親切心ですし

コミュニケーションだと思うのでそういう場合は

「広告屋ですよ」とか

「コピーライターとして宣伝の言葉を書いてます」などと

相手の既知レベルに合わせてお話をするようにしています。

 

 

誰に伝えても、全員が同じ認識をもってもらう
仕事ばかりじゃ今はないから。

 

 

相手(ターゲット)に合わせたレイヤーの言葉である必要があるので

誰にでも通用する「何屋さん」はこれからは要らない時代です。

 

 

つまりスキルを細分化しておいて(或いは統合化もあるんだけどね)

肩書はいくつあってもいいけど、

それを使う「相手」と「タイミング」をしっかり自分で把握しておいて

心の引き出しの中にしまっておくことが大切だなと最近思います。

 

 

なのである意味、それは

●肩書を超えていくことでもあると思うのです。

 

 

 

じゃあ肩書が不要か?というと

 

 

前述した通り

どんな相手、どんな企業、
どんな業界にも対応できる自分になるために
たくさんの側面を持っていたら持っているだけ、
重なり合う面が増えるので「強い」かなと思うのです。

レコード盤のA面、B面、C面という具合にね。

 

 

その方がコラボしたりコミュニケーション取れる人は増えるから、

結局、ポータブルスキルになりうる自分の棚卸をして

肩書を増やすことは重要なんじゃないかなと思うのです。

(あくまでもそういうワークスタイルをしていきたい人向けの話だけど)

 

 

つまり『誰にでも通用して認識してもらえる肩書』に

こだわることはない!ということ。

 

 

『スキルを細分化(或いは統合化)させて持ち物として

肩書を増やしていくことは重要』だなと
最近とっても感じるわけです。

 

 

さて、本日23時59分に募集終了です!

 

 

 

●心にある想いを言葉でつなぐ
『風の肩書・キャッチコピー作成』
3日間の無料ライブセミナー

 

リアルタイムで見れなくても
アーカイブを数日間残します!

 

詳しくはこちらから
⇒ https://note.com/ryokaishota/n/n2dcad9e1db5b

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

了戒 翔太

 

 


 

 

【お知らせ】

 

ワクワクを遥かに超越した感情「悦」で生きるとは!?

 

好きと経済を両立させる新時代のスラッシャーになるための啓発書!

 

自己啓発って言いたくないけど、でも誰かを啓発する言葉』
(かざひの文庫)

 

発売日増刷!全国書店で好評発売中!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●Amazonはこちらから