Now Loading...
音楽活動

 

音楽活動

 

ミュージシャン

ラブソングも季節の歌も、卒業ソングも歌いません。 

音楽で最も伝えたいことは、たった1つ。

 

一歩前進する勇気を与える応援歌

 

前に進む、前進するということは、今の環境が変わるので時として痛みや恐怖が伴います。環境を変えるというのは、誰しもが躊躇することだと思うのです。それでも、前に進んでいく覚悟と勇気を与えられるような歌を唄えたら冥利に尽きると思ってます。

 

音楽を始めたきっかけ


出版関係の仕事をしていると当然ですが、 文章を書くということが得意な人が僕の周りにたくさんいた。 でも音楽で自己表現をしている人は少なかった。なるべく、 人と同じことをしたくないという気持ちもあったが、基本的には単純に「音楽やりたい!」というピュアな感情でした。僕は僕なりのやり方を考えたとき、音楽で自己表現をしようと思って始めた。

 

音楽活動をするわけ


言葉も音楽を通すと純度が増し 人の心により伝えたいことが届きやすいと思うのです。 例えばですがブログやSNSや書籍に 「宇宙」「聖なる存在」・・・ という字面が書いてあると 斜に構えたり、なんだか怪しいと感じる人も少なくありません。 ただ歌の歌詞に「宇宙」「聖なる存在」とあっても 違和感や怪しさを感じないどころか、 「素敵」と感じる人も多いようです。 これは何を意味するのでしょう。 僕は「言葉」は「音」に乗せるだけで、 「影響力」を持ち人の心に届きやすくなると思うのです。 ようするに受け入れやすく&聞き入れやすくもなるのですね。 また、「音楽」は「何らかの媒体」を介さずとも ダイレクトに人の鼓膜に情報伝達のできる 数少ないツールだと感じてます。 本やネット記事は意識的に 何かの媒体を手にして情報を取得しますが、 町を歩いているときに頼んでもないのに 勝手に耳に飛び込んでくる音楽ってありますよね。 本も、ブログも、ラジオも、 SNSもこれらはすべて表現媒体であり メディアツールですが音楽も同様です。 自己表現形態の一つとして、 僕はより情報伝達のしやすい 「音楽」を取り入れたまでです。 で、その音楽を使って何を成し遂げたいか。 僕自身、学歴もなければ特別なスキルもなければ 決して裕福な家庭で育ったわけではありませんが、 自分の「意識」と「行動」だけで 自己実現をしてきた自負があります。 ※もちろん家族や諸先輩方やたくさんの仲間達からの  助言・応援・支援があってのことですが。 僕というフィルターを通して 感じている現在進行形の哲学があり、 それは僕にとってはすごく人生で大切なこと。 そんな大切なことを言葉だけで伝えるのではなく、 前述した通り、音楽を通して純度を高めて人の心により響かせたい。 そう感じているのです。 言葉には「コトダマ」があり、 音楽には「オトダマ」があるといいます。 「コトダマ」×「オトダマ」で自分だけのカラー、 つまり「シキダマ(色霊)」の力を活用して 伝えていきたい、それが 僕が音楽をやる理由。

音楽に関して、コラムも連載していきます